top of page

束の間の " 絶景のタルト "

今回は「ケーキではない!」と思わせてくれるような美しいタルトのお話。

皆さんこんにちは。THE SYPHONIST の中山です。



私にとって初の実店舗となるサイフォン専門店「彩盆の間(さいほんのま)」、2023年の春(5月以降)OPENを目指しています。この彩盆の間のOPEN前、名古屋の間借りスペース「ポピー談話室」をお借りして、僅かな期間だけ現るのがこの「束の間(つかのま)」です。



束の間では、サイフォンコーヒーの他、サイフォンのお茶を提供します。コーヒーやお茶のみをゆっくり・じんわりと楽しむ日の他に、今日ここにお知らせする「絶景のタルト」を提供する日もございます!




" 香りは景色 "

サイフォンをやるようになってから、私自身の考え方として「香りは景色」として感じる楽しみを研究してきました。見た目ばかりでなく、季節感、食べている間の変化(移ろい)、人の関わりと想い、香りとの調和することを風情として捉えるなど、私は美味しさを「景色」として捉えているんです。



" 絶景のタルト "


とりあえず眺めてくださいませ。この光景を!

こちらは biquette(ビケット)さんのタルトです。


最初出会ったときに衝撃を受けました。味わいはもちろん、見た目も。。。それはただ美しいということではなく、ひとつひとつに作り手の想いがアートのように感じられ、いつもケーキには見えませんでした(笑)


出会ってから、何度もお店にタルトを買いにいきました。自宅で、サイフォンで淹れたコーヒーの香りとともにアンサンブルさせるのが楽しかったです。









ひとつのタルトに居合わす食材たちが、まるで自然界でイキイキと育んでいる姿のような調和、それを選んで大きなひとつのタルトの世界に描かれる景色。単純にケーキとしての美味しさ以外に、それを手がける作り手の想いが自然と伝わってきます。。。








実現にむけて・・・

私がこの春、名古屋にオープンさせる「彩盆の間」は、まさにサイフォンで淹れたコーヒーやお茶の香りを、景色を巡るように皆様にお楽しみいただくことがコンセプトのお店です。


卸は原則されておられないご様子でしたが、ダメもとでお声かけしてみたところ、コンセプトにご賛同くださり、私が提供するサイフォンとともに皆様にお楽しみいただける機会が実現しました。


コーヒーやお茶だけではお届けできない香りの景観は、素敵なフードがあることで、まさに絶景に変わります。


"絶景のタルトと絶好のサイフォン"


そんな想いから、私はこのタルトを "絶景のタルト"と呼ばせていただいております。


ですが、私もプロのひとりです。


サイフォンコーヒーをただご一緒に提供するにとどまりたくはありません。コーヒーのプロとして風味の相性が良いコーヒー豆を合わせるのは当然、サイフォニストとして、撹拌加減を調整し、絶景のタルトと手を取り合うような一杯に仕上げて提供をしたい。プロの技術でしか成し得ないサイフォンコーヒー、それが "絶好のサイフォン"!




絶景のタルトと

 絶好のサイフォンセット!

(提供日:10〜15個セット限定)


◯絶景のタルトとサイフォン(2杯)セット


本日のタルトに、サイフォンは(コーヒー3種とほうじ茶・和紅茶の中から2杯お選びできます)。


注)提供日はこちらでご確認くださいませ(↓)



日常的な食べ合わせではなく、サイフォンだからこそできるサイフォニストの一杯とともに、絶景と絶好のアンサンブルをお楽しみください。


THE SYPHONIST

閲覧数:354回0件のコメント

Commenti


bottom of page